zyun4107
ap01

雑誌「あっぷるず」88年から91年にかけて、

その辺を歩いている女の子に逆立ちさせたり、

スカートめくらせたりして、ぱんつ全開になる企画をやっていました。

表向きは文通企画

気に入った女の子に手紙を書いて、気に入られたら返事が返ってくる。

ケータイもネットもなく、家に電話すれば怖いお父様が出てくるという時代。

文通なら気兼ねなく連絡できる!

いろんな雑誌でペンフレンドなる文通相手を募集していました。

ツービートのネタで、
 最近、雑誌で文通、ペンフレンド募集なんてやってますけど、
 ミニのテニスウェア着て、芝生の上に寝転がって
「わたしと文通してください」
 そんな女が文通するか!

というネタがあって、当時は大爆笑しました。

実際、イケメンで写真付きで有名大学出身です。

と書いてないとまず返事なんて返ってこないでしょう。

ほとんどの男が写真付きのかわいい子とペンフレンドになることはなかったです。

今もインスタ女子やSNSでかわいい子を探して、

ワンチャンあると思って、フォローしていいね! して

コメント送って、DMまでして何もないのと一緒ですね。

当時の女の子のリアルパンティを貴重な資料としてごらんください。

ap02

友達とサボって遊びに来て逆立ち
かわいい子はいつ誘われてもいいように普段からかわいいパンティを穿いています。

ap03

スカートめくってパンティ見せてください!
ap04

現役生のリアル縞パン

ap05
ap06

横幅2~3センチくらいの白パンティが一番エロいです
ap07
ap08

バックプリントパンティ
90年初頭までは売っていました。

ap09
ap10

その後、もてなさ過ぎてナンパをはじめたのだが、
パンツ見たい! 
こうゆうの全然平気なんですよ
で、見せてくれる子は結構いるのにびっくり!


ap11

冬場はストッキングが多くて、リアルだけど邪魔!

ap12

ap13

巨大扇風機を使ってスカートがめくれる企画もありました。

ap14
ap15

色とりどりのパンティがワゴンで売っていて、
パンティ集めが趣味の女の子が増えました。
男は敷居が高すぎて買えませんでした。

ap16

ap17
ap18

マネージャーのかわいいパンティ
ap19

アンスコが邪魔な子もいますが、テニスギャルパンもろ

ap20

ap21
ap22

よく焼けた肌に白パンティがよく似合います

ap23

あきらかに3人組なのに掲載されたのは2人だけ

ap24

定番、白パンティ

ap25

こちらも定番柄、水玉

ap26

縞パンも定番柄でした。

ap27

横幅3センチくらいのパンティ
現在は横がひもみたいに細いか、5センチ以上あるものばかりで、
一番エロく見える横幅2~3センチのシンプルパンティはほとんど見かけません。

ap28

ラインが入っていても、パンティは基本、白ベース

ap29

白に、ピンクや薄い水色のパステルカラー

縞パンや水玉、かわいいプリント柄をローテーション

ap30

逆立ち失敗しても許されます。

ap31

基本の白パンティは何枚も持っているのが常識

ap32

プリント柄
この子はのちに下着モデルとして活躍する
榊かすみさんです

ap33

ap34

他の紙面、石田優里さんです。
下着モデルの後、ヌードモデルで活躍
ap35

パンティに愛のある紙面構成

石田優里さんはヌードまでて、AVには出ていません。

ヌードモデルの子は後藤ちまさんのように1~2本だけAVに出るかわいい子が多かったです。

この後、パンティを見せる企画がなくなり、一気に失速したのかいつの間にか廃刊

女の子がかわいいと思って穿いているパンティと

男が穿いて欲しいパンティが一致する貴重な時代でした。

パンティショーツ専門店 「シマリス商会」運営しています。
https://store.shopping.yahoo.co.jp/hashimotopro